光陵グリーンスタジアム画像01
光陵グリーンスタジアム画像04
アイホームイメージ画像01
光陵グリーンスタジアム画像05

株式会社双一開発ホームページ 更新履歴・ヘッドライン

  • 2019年1月:双一開発ホームページをリニューアル致しました。
  • 2016年9月:土地紹介物件を追加致しました。
  • 2016年9月:公開中の各物件詳細ページのレイアウトを更新しました。
  • 2015年8月:双一開發Webサイトをリニューアル致しました。
  • 2014年12月:福岡県宮若市高野賃貸物件を追加致しました。
  • 2014年5月:第37事業年度 施工実績・工事経歴についてのページを公開致しました。

【土地】物件一覧
株式会社双一開発でお取り扱いしている土地・宅地用地物件の一覧です。物件写真、坪単価等の価格情報、地図・位置情報などをご覧頂けます。

ISO9001、ISO14001取得

双一開発会社情報
基本情報・双一開発が特に力を入れている環境・品質に関するISO9001・ISO14001に関してなど、双一開発の情報をご覧頂けます。

月々5万円台からのマイホーム
Ai・Home(アイホーム)は家賃並みのお支払い額月々5万円台から。

環境を配慮した燃料消費量低減の取り組み

環境

エネルギーの回収

ハイブリッドシステムにより車体の運動エネルギーを再活用可能な電気エネルギーへと変換します。

電気エネルギーの活用

回収された電気エネルギーは燃料の代わりに旋回電気モーターの動力源として活用されます。

物件一覧

日々、環境負荷の低減に取り組んでいる私たち双一開発が、最も問題だと感じているのが作業現場で発生する大量の温室効果ガス。その多くは建設機械やダンプトラックなどが排出するCO2です。

そこでこの課題をクリアするため、車体の旋回減速時に発生するエネルギーを電気エネルギーに変換するハイブリッドシステム搭載の建設機械の導入を開始しました。

物件一覧

ハイブリッドシステムにより高い燃費低減効果を得る事が可能になり、省エネ化の産物としてCO2削減を実現しています。

通常機との比較データでは燃費低減効果は平均で25%に上り、年間のCO2削減量は杉の木737本が1年間に吸収するCO2量に相当します。※1

※1 年間1000時間稼働とし、杉の木1本(杉の木は50年杉、高さ20~30m)あたり1年間に平均約14kgのCO2を吸収するものとして換算。

宮若市の定住奨励金制度

宮若市では定住を目的に住宅を取得した人に奨励金を交付しています。概要としては、新たに固定資産税が課税された年度から7年間、105万円の定住促進策を平成20年1月2日から平成29年12月31日までの10年間という形になります。

地方分権に対応できる足腰の強い自立都市を目指している宮若市。是非住宅取得の際にご一考下さい。

宮若市バナー画像

トップページ以外のページは移動する場合などがあるとの事です。本紹介の趣旨からトップページと該当ページの2つへのリンクを念の為に表示させて頂いています。

株式会社双一開発について

福岡県宮若市で創業35年

株式会社双一開発ホームページへご訪問頂きありがとうございます。弊社は、福岡県宮若市を拠点に住宅用地、不動産等を皆様にお届けしています。

全国的に注目を浴びる事も多い福岡から、高性能・高品質をモットーに住まいの土台である住まい、用地等をご提供しています。

経営理念

株式会社 双一開發は、土木工事施工全般、建築物の設計施工を行う会社である。

わが社は、お客様満足の向上を図るため、我社の施工物に対し愛情を込め、見えないところにも品質を確保し、地球環境の保全を図り、信頼と感動をお届けしてまいります。

経営方針

我々は、常に技術研鑽・継続的改善を推進し、不良工事を絶対に出さぬよう、資材の検査及び工程管理を徹底します。

我々は、法律及び顧客や地域との約束事項を順守するのはもちろんのこと、地域環境の保護、汚染防止を図るため、社員一人一人が環境及び地域住民への影響を意識し、環境にやさしく安全な活動を推進します。

我々は、経営目標を設定し定期的に見直すとともに品質及び環境マネジメントシステムの継続的改善を推進し、環境変化に対応し発展し続ける企業作りに専念します。